カテゴリー
女子力

ムダ毛のお手入れをしてると手が痺れて疲れてしまう

ムダ毛のお手入れをしているとたいてい途中で手を止めます。

どうしてかと言うと疲れて手が痺れて来るからです。

同じように肩も凝ってきます。

ムダ毛のお手入れは私にとってこれほど疲れてしまうことなのです。

子どものときは良かったのです。

そんなに無駄毛も生えてなくてツルツルでしたからね。

けれども年齢が上がり中学校に行き始めるとムダ毛があちこちに生えてきました。

その時分からわたくしはムダ毛のお手入れに四苦八苦するようになりました。

処理をする度にいつも「もぉーやだぁー」と弱音を吐きたい気分になります。

とげ抜きで手入れする時なんて本当にその通りです。

ムダ毛が多すぎて処理するのがとてもイライラしてきてしまって降参したくなるのです。

こんなことでわたしは悩まされているのです。

ムダ毛の処理をしていると終わりの見えない処理を延々続けているような気分になるのです。

処理が終われば体じゅうを解放してあげて、のんびりします。

ムダ毛の処理はわたくしにとっては体力仕事であり、気持ち的にも大変な作業です。

可能ならばやりたくないし、瞬く間にこのむだ毛を抜き取ってほしいと思っています。

ムダ毛の処理にはいつも自分は困っているのです。

他人に見られるところ。

例えをあげると腕や鼻下やまゆ毛の下などの毛とか、そういった箇所だけではなく、服を着たときに隠れるところのムダ毛もキレイに出来たらうれしいと思います。

今のところは、エステサロンや家庭で使える脱毛器じゃないと体全部のむだ毛に関する事の悩みが消えるなんてことありません。

エステティックサロンはここ最近は安い金額で出来るようになり気軽に利用できるようになってきました。

自宅で出来る脱毛器においても以前よりも大きさがコンパクトになり持ち運ぶのも便利になりました。

家庭用脱毛器の価格も以前は何十万円とかかっていたのですが、ここの所は何万円ほどになってきているのです。

その為、私が気に入った脱毛器があったら使ってみたいと思います。

まだそれができていないということは、数万円でも出したくないということです。

いずれ全部のむだ毛を迅速にそして安全にお手入れができる希望に沿った自宅用の脱毛器を見つけられたらいいなと夢見ています。

私の素顔はとっても醜いです。

しかしメイクで一気に変わるタイプで、キレイになれます。

メイクアップアーティストになりたいという夢を持っていて、私はそれに向かって頑張っています。

そんな中私はやりたいことがあるのです。

それは「顔の脱毛」になります。

ずっと前から顔にある毛が不満だったのです。

わたしは毛が多いのでファンデののりが良くありません。

私の考えでは化粧ののりが悪いのは確実にむだ毛だと思っているのです。

産毛やら毛やらが顔中に生えているので、それが妨げになり化粧ノリが悪いんじゃないかと思っているのです。

なので私の今一番の願望は「メイク上手になる」事です。

そんな訳で脱毛をしたいのです。

きっと脱毛を受ければ顔に生えている毛が全くない状態になるので、メイクもしやすくなるはずです。

レベルアップする為には自分で試す事が多くなります。

化粧の腕を上げたいし、きれいになりたいと思うので、顔脱毛をして願望をかなえたいと思います。